研修・合宿情報高野山金剛峯寺ヨガリトリート 講師山本正子 ご案内

○高野山金剛峯寺ヨガリトリート 講師山本正子 ご案内

高野山は、和歌山県にある標高約1000mの山々の総称で、
弘仁7年(816年)に弘法大師の構想のもとに築かれた真言密教の聖地です。
2004年7月に世界遺産に登録されています。

僧侶が修行するための道場として開かれたその地は、1,200年の時を経た今も、変わらず継がれてきた、「真言密教」が生きづいています。
訪れた者はその厳かな空気に、自然と五感が研ぎ澄まされます。

今回講師を務めて下さるのは、38年間のヨガの指導および指導者育成を通し
多くの経験と学び、練習を、継続されてきた山本正子先生です。

先日、ヨガ指導を始めた頃から、現在に至るまでのお話を伺う機会がありました。
小1時間でしたが、ヨガに関する経験、知識、共に、引き出しの多さに驚きました。

その中でも、大変興味深かったのが、インドの神様のお話と、瞑想についてです。
高野山「真言密教」には阿字観(あじかん)瞑想と言われる、
密教の根本経典の一つである『大日経』において説かれる瞑想法があります。

また、私達が学ぶヨガにも古くから受け継がれてきたヨガの叡智である「瞑想法」があります。

今回の高野山リトリートではこのそれぞれの「瞑想」を実際に体験し学びます。

ヨガ初心者から上級者までレベルは問いません。山本正子先生のご指導のもと、
素晴らしい気づきと経験が待ち受ける3日間をお過ごしください!
〜〜〜
【リトリート内で開催されるヨガクラスについて】

・沖ヨガ修正法をも用いた、ヨガアーサナを行いながら、ご参加者お一人お一人の心身の調整を行います
・インドの哲学、インドの神様についての分かりやすお話に触れていきます。
・ヨガ瞑想法を学び、実際に瞑想します。 
(マントラチャンティング・神の歌=バジャン・瞑想)
 マントラを唱えて心の波動を清める。平安をもたらす。
 バジャンを歌ってアナハタチャクラ=神のおわす場所=の愛を活性化する。
http://www.lotus8.co.jp/workshop/945-10094.html



このページのトップへ